山の学校のお客さん

山の学校にお客さんが来ました!
お客さん、その1。
昨年、落ちてしまった巣箱にヤマネが入り冬眠していました。
校長が巣箱を見つけ、中の草を取り出してみるとヤマネが入っていました。
このまま放置しておくと狐達に食べられるので保護することにしました。
目覚めたら、元の場所に返します。
お客さん、その2。
校長の知り合いが遊びに来ました。
ネパールでホテルを経営しているビンデューさんがサウスアジアの研修会で横浜に来たので、休暇を利用して来ました。
天気が良かったので散歩をすると、ネパールのレティ村に似ていると喜んで帰りました。
山の学校もようやく春の妖精が出てきました。
次回は妖精たちの写真を、お見せできると思います。
広告
カテゴリー: 山の学校 パーマリンク

山の学校のお客さん への4件のフィードバック

  1. mako より:

    こんばんわぁ~☆
    写真も拝見しました^^
    ヤマネというのですか、真丸くなって冬眠中ですか
    あのように触られても起きないのですか?
    そうですね、他の生き物のえさにならないように、目覚めるまで・・
    綺麗な空の色と綺麗な色の春の花、妖精ですか
    妖精達の写真楽しみにしています
     

  2. 山旅人 より:

    >macoさん
    触られても起きませんでした。

    落ちた巣を発見し開けてみたら何か動いていたので取り出したそうですが、いまだに起きません。
    身体は冷たいようですが、心臓は力強く動いていました。
    学校は自然度が高い森の中にあり、我々も森の一部みたいなものですから安心して眠っているようです。
    狐さん達には申し訳ないのですが、これも自然の摂理です。
    そう思って森の芽吹きを待っています。
    妖精たちの写真をお待ち下さい。

  3. あきひろ・2 より:

    ネパールは ほとんど山だから人口少ないでしょうね。
    山越えしないと反対側に行けないとは、国が二つあるみたい。
    異国の人と交流があるって、なんか好いですね。
     
    ヤマネ君、山旅人さんが見ているときに目を覚ましたら どんな反応をするかなぁ?
    ナウシカのテトみたいになると楽しいような・・。

  4. 山旅人 より:

    >あきひろ・2さん
    ネパールの人口は2700万人くらいです。
    異国の人たちと交流すると、日本の良さが分かります。
    ビンデユーさんは、マナーが良いと驚いていました。
    電車に乗るとき順番に乗車しているのに感心していました。
    食べ物の味付けも「美味しい!」と賞賛していました。
    当たり前と思っていることが、素晴らしいことだと教えられました。
     
    ヤマネ君の反応は、とても楽しみです。
    目覚めの様子を写真に撮れたなら、公開します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中