ヒマラヤの青いケシの花

来月、ネパールのクーンブ・ヒマールに行ってきます。
モンスーン(雨期)に入っているため、山が見えないので一般のツーリストは入っていませありません。
飛行機が予定通り飛ばないので、ジリから歩いていきます。
クーンブ・ヒマールの雨期に入るのは11年ぶりです。
この時期にだけ咲く、まぼろしの花といわれるブルーポピー(青いケシの花)を見てきます。
広告
カテゴリー: ヒマラヤトレッキング パーマリンク

ヒマラヤの青いケシの花 への4件のフィードバック

  1. 静♪ より:

    青いケシの花、なんとも刹那的ですね。ネパールの山を登りに行くのですか?雨季との事ですが、安全面では大丈夫なのでしょうか。どうか万全を期して望んでくださいね!

  2. 洋子 より:

    つい先日他の方のブログでブルーポピーを見たのですが青の深さが全く別物ですね。土壌や空気の違いでしょうか。

  3. 山旅人 より:

    静さんへ本格的な山は登りません。トレッキングです。但し、5,000mを越えると北アルプスの尾根歩き程度の所があります。この時期はがけ崩れが多く、山よりローカルバス路線が危険です。カトマンドゥからジリまでのバス路線が恐いです。

  4. 山旅人 より:

    洋子さんへ高度が上がると色が濃くなるようです。それに、雨期の最盛期と終わり頃では勢いが違います。公開したブルーポピーは、標高が4,900m~5,400mの所のものです。トロンパス・ロブジェ・マカルー1峰BC上部(5,400m)付近で、マカルー1峰BC以外は雨期の最盛期でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中