南三陸五百峠

昨日、東日本大震災以来一年ぶりに、気仙沼市の「お散歩クラブ古狸」の方々と山を歩いてきました。
場所は、南三陸の古道の一つ「五百峠」です。

 

ゆっくりと歩いて2時間30分、峠の高度は310m、足慣らしにはちょうど良い山道でした。

お疲れ様でした。

フォトアルバムは、「南三陸五百峠」をご覧下さい。

広告
カテゴリー: お散歩倶楽部古狸 パーマリンク

南三陸五百峠 への6件のフィードバック

  1. より:

    自然に囲まれてうらやましいです!
    こういうのをトラッキングというのでしょうか?それともちゃんとした山登り!?
    皆さんステキな笑顔ですね!

  2. 山旅人 より:

    トレッキングはヒマラヤ山麓の生活道を歩いたことから始まった旅行ですが、現在では比較的やさしい登山も含めているようです。
    今回はトレッキングですね。
    昨年は東日本大震災に被災したため活動が出来なかったのですが、主催するお山歩倶楽部古狸は、会員の方々に声を掛けて行くことが大事、めげていてはダメ、と始めました。
    当たり前の事が出来るようになるには、考えてもダメ、行動しましょうと・・・。
    当たり前の事が、こんなにも素晴らしいと感じたのかと思います。
    標高310m、登り1時間ほどのお散歩コースですが、笑顔は八千メートルの登頂者と同じでした。
    ほんの僅かな歩みですが、前向きに歩き始めました。

  3. mondul800 より:

    南三陸五百峠ではありがとうございました!!
    娘も息子も喜んでおりました。
    教えていただいた山の歩き方、長生きの秘訣、共にとても勉強になり毎日実行しております!
    またご一緒したいとみんなで話しておりましたので、機会がありましたら是非お願いいたします。

    PS フォトアルバムのリンク先が見えないのですが、アップロードのミスか、公開がプライベートになっているかもしれません。

  4. 洋子 より:

    ご年配の方もいらっしゃれば、お子さんも参加されたのですね。
    皆さん、良い表情をされて
    気持ち良く歩かれたのでしょうね。
    この道もあとしばらくしたら植物たちが元気に活動を
    始めるのでしょうか・・・

    • 山旅人 より:

      そうですね。
      5月から6月に掛けてツツジが咲きます。
      昔の人たちは、この山で炭を作り町に運んでいたそうです。
      炭俵を担ぎながらツツジの咲く峠道を下りてゆく姿を思い浮かべて歩きました。
      人知れずになってしまった古道ですが、とても味わいがありました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中