2012年8月17日大槌町安渡・赤浜

墓参りに行ってきました。瓦礫に草が生い茂り、時の流れが視覚を通して感じるようになりました。

それから、今日の朝日新聞の「うたの旅人」に「ひょうたん島」のモデルになった蓬莱島が掲載されていました。何かの偶然なのか、これまで撮ってこなかったのに、赤浜の奥まで行き撮影してきました。この島は、これまでは一部の人たちしか知られていなかったのに、大震災の後にわかに知られるようになりました。

井上ひさしさんが生きていたら、きっと、震災後の「ひょうたん島」を舞台にして物語を書き始めると思います。ストーリーは想像するしかありませんが、私の視覚には「ドン・ガバチョ」が島の天辺に立って「諸君!泣いていてははだめです。くじけてはだめです。前を向いて行きましょう」と言った後、ひょっこりひょうたん島のテーマソングを島の住民とともに歌い始める様子が見えます。そして、島の背景では花火が打ち上げられて、いつの間にか被災した住民が立ち上がり肩を組んで歌を歌っていました。

波を~~~かきわけて♪♪
~~~~~~~~~~
ひょうたん島はどこへ行く♪♪
~~~~~~~~~~
~~~~~~~~~~
何かがきっと待っている
苦しいこともあるだろさ
悲しいこともあるだろさ
だけど僕らはくじけない
泣くのはいやだ わらっちゃおう 進め!
ひょっこりひょうたん島♪♪
~~~~~~~~~♪♪
~~~~~~~~~♪♪

フォトアルバムは、「2012年8月17日大槌町安渡・赤浜、都南花火大会」をご覧ください。

広告
カテゴリー: 東日本大震災 タグ: , , , パーマリンク

2012年8月17日大槌町安渡・赤浜 への2件のフィードバック

  1. 洋子 より:

    ひょうたん島の歌詞は明るくて
    前向きなんですね。
    山旅人さんが想像するシーンも素敵です。

  2. 山旅人 より:

    ありがとうございます。
    どんなときでもくじけないひょうたん島の住民のような人たちは、いつの時代になってもいるような気がします。
    この物語の続きを見てみたいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中