記憶から記録へ

2年前の3月11日の記憶が薄れてゆく。
記憶が心の中に沈んでゆく。

驚き恐れ悲しみ泣いた、あの日々・・・。
絶望と願いが交差する、あの日々・・・。
立ち上がり前を見つめ食いしばった、あの日々・・・。
一歩・・一歩・・歩み・歩き、支えあった、あの日々・・・。
絶望から希望へと夢見た、あの日々・・・。
多くの人たちの善意と好意に包まれ、勇気と元気をいただいた、あの日々・・・。

人々は変わった。
変わろうとした。
変えようとした。

2年の歩みは、あの日々の出来事を記憶の中にでなく、記録の中に残そうとしている。

確かな記録は、未来への財産となる。
同じ事を繰り返さないために。
学ぶべきことを、守るべきことを伝えるために。
3月11日を記憶から記録へと書きとめよう。

_3308550

_3308561

津波

広告
カテゴリー: 東日本大震災 タグ: , パーマリンク

記憶から記録へ への4件のフィードバック

  1. mako より:

    こんばん~~は^^
    2年が過ぎましたが、復興は遅々として・・・・
    帰りたくても帰れない故郷、子育てが不安になる親たち
    山旅人さんの言葉にジーンときます
    この惨状をリアルに経験し見た方々の思い・・・・
    TVでしか見ていない私には、何とも言えません
    言ったとしても空々しい言葉に・・・・
    ただただ、頑張っている姿には頭が下がります
    自分だったら・・・・・・・・

    • 山旅人 より:

      ありがとうございます。
      こちらに来る機会がありましたなら、一度、被災地を訪ねて下さい。
      10年後、20年後に再び訪れたとき、得るものがあると思います。
      そして、そのことを誰かに伝えていただければと思います。

  2. 洋子 より:

    2年前のあの日に感じた恐怖、あの日以降の混乱、
    まだ生々しく思い出されます。
    記憶から記録、そうですね。大切ですね。
    先々を考慮しながら歩んでいかないと、と
    改めて思いました。

    • 山旅人 より:

      ありがとうございます。
      様々な報道を見るたびに、確かな記憶が自分のものでなく、だれかが話してくれたもののように思えてしまうことがあります。
      この詩は、自分自身に言い聞かせるためのものでもあります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中