カテゴリー別アーカイブ: つれづれな思い

矢巾町の中学2年生に思いを寄せて

隣町の中学2年生の自殺に衝撃を受ける。 全国ニュースとなり、新聞では連日のように … 続きを読む

カテゴリー: つれづれな思い | 6件のコメント

無音

ものを考えるときは音が無いほうが良い テレビの音、ラジオの音を消してみる 突然、 … 続きを読む

カテゴリー: つれづれな思い | 9件のコメント

確かな証し

草刈の後・・・つれづれな思いがよぎる。 物事の真理は言葉の綾で作られるのではなく … 続きを読む

カテゴリー: つれづれな思い, 東日本大震災 | コメントをどうぞ

甦った詩「茫漠とした世界の先に見えたもの」

2年前に掲載した詩ですが、今、この時だから読んで欲しいと思いました。   茫漠と … 続きを読む

カテゴリー: つれづれな思い | コメントをどうぞ

望見

多くを望みすぎたのだろうか? 盛岡の街並みを望みながら考えていた。 晩秋の盛岡は … 続きを読む

カテゴリー: つれづれな思い | 2件のコメント

非日常の中で

非日常の中で 日常の世界を考えた私 私の住んでいる世界は 確かな世界 (確かな? … 続きを読む

カテゴリー: つれづれな思い | 2件のコメント

一冊の本

一冊の本が思い浮かぶ。表紙をめくると、文字がうたい思いを詠っている。 目の前の積 … 続きを読む

カテゴリー: つれづれな思い | 2件のコメント